所有マンションを賃貸に出す経験談

各々のメリットとデメリットを考慮し賃貸に

また、資産として保有しておけるというのは、将来的な価値が上がる可能性もあり、各種担保に利用することができるという点も大きなメリットだと説明を受けました。
逆にデメリットとしては、管理運用コストがかかることです。
管理費や修繕積立金を引き続き支払う必要があることと、リフォームや定期的な修繕清掃にかかる負担をしなければならないという点があると助言してくれたのです。
いろんなケースで検討してもらった結果、最終的に売却するのではなく賃貸に出すという選択肢を選びました。
賃貸経営を選択したポイントとしては、もともと住んでいた住まいは、まだまだ築年数が比較的浅く、これから急激に資産価値が下がることはおそらくなく、立地条件も結構いいので、きっと入居者の確保は比較的やりやすいのではないかという判断に至り、また、将来的に売却することになると考えられますが、そのころには今よりも土地の値段が上がっている可能性があるので、将来的に売却する際にも有利になるのではないかという判断もあって、結論に至ったのです。
ただ、もちろん賃貸経営というものを私自身やったことがないので、どこから手を付けていいのかさっぱりわかりませんでした。
そこで、売却か賃貸かで相談をした不動産業者に引き続き賃貸経営に関する相談をすることに決めたのです。
そこで担当の方に教えてもらったのは、賃貸経営において最も重要なポイントとしては、実際に管理運用をする不動産業者を十分比較して選定することの意義です。
オーナーである私が実際の賃貸経営に参画する部分というのはあまり多くなく、実際にマンションの管理から入居者の募集活動、集金督促業務などを進めていくのは不動産業者である点から、業者の選定をいかに重要な項目だと考えるかが不動産経営を成功に導くポイントだと念入りに説明してもらいました。

所有していたマンションを売却するか賃貸にするか検討 / 各々のメリットとデメリットを考慮し賃貸に / 信頼できる不動産業者を見つけることが最優先事項

マンション/賃貸に出す売却するか、賃貸に出すか